星々のもとで

                   落ちてゆく 硝子のカケラに 手をのばし

 

何処(イズコ)へか ふなびと渡る 星の下

 


             月

淡雪や 彼のひとの手に 残る月

 

風ちぎる 二十日の月に かかる雲


             闇

夕闇の 深さにまぎれ 君想う

 

                      朔の夜に 草木と話す 我が居り

 

                      土肌に 指先ふれて 闇しみる