序 章

2013-06-29 22:37:48

 

 時は平安。村上天皇の御代のことである。帝の住まいである清涼殿の庭の、梅の木が枯れる・・・という出来事があった。それは、事件性(誰かが故意に枯らしたなどの)こそ無かったが、後に『大鏡』で語られるほどの、遺恨を残す結果となった。一体、誰が誰に遺恨を残したのかは、『大鏡』の記述からは明確には読み取れない。

 さて、枯れた梅の木に代わる立派な梅の木を所望した帝は、臣下にこう命じた。

「清涼殿にふさわしい梅の木を探して参れ。」

仰せを承った臣下にとって、それは難題であった。ただの梅の木ではいけない。帝が気に入るような木である。そんじょそこらに生えているはずもない。これはもう、紀州磐代(いわしろ)の梅の里まで出向くしかなかろうと、考えていた。こんな大事、人に任せるわけにもいかず、自分が行ってこの目で確かめ、選ばなくてはならない・・・。気が滅入る・・・。

 ここで読者の中に、磐代(いわしろ)の名に見覚えのある方がいらっしゃるかもしれない。そう、有間皇子が、最期の願いを込めて歌を詠んだ磐代の松・・・その磐代である。ただ、その話は、これから語る話とは直接関係はしないし、時代的にも大幅なズレがあるため、ここではそれ以上触れないことにする。

 

 梅の木一つに気が滅入っていた臣下のところに、吉報が舞い込んだ。藤原某の娘が、ちょうど良い木を知っていると言ってきたのだ。臣下は早速、藤原の娘に教えられた家へと向かう事にした。

 その家は京の町外れにあり、地味で古風な造り。中の敷地は、外からは伺い知れぬほどの広さがありそうに見えた。門をくぐると、なるほど、立派な一本の梅の木が目に飛び込んできた。いや、立派なという形容はふさわしくない。その枝ぶり、幹の色艶、花の咲き具合のどれもが、えも言われぬ調和の元に、いきいきと生命の喜びを現しているかのようであったのだ。家の主人には、帝の勅令であると告げ、翌日には木を根から掘り起こす手はずとなった。

「さようでございますか。」

その家の主人は、一言そう言っただけである。勅令には、有無も言わせぬ力があることは誰もが承知している。しかし、それにしても拍子抜けするほどの簡単な返事だった。


続く