南海道中栗毛猫

マロンクリーム色のトラ猫「玄さん」が語り手となって

「如月ちゃん」と南海道を旅するお話。

とは言っても、私の夢を元ネタにしていますので

カンペキな空想物語です。

 

実在する建物や人物等、一切関係ありませんので

そこのところ、どうぞご了解くださいませ。


知らぬ間に自分を縛り、社会に縛られ

また、そんな社会構造を作っている私たちの見えない意識の構造を見つけ

内なる世界の旅の中

封印を解除していくお話です。


一話完結となってはいますが

最後まで通読いただければ

『旅立ち』の意味がよくおわかりいただけるものと思います。

 

では、『旅立ち』から『岐路、そして帰路』までの九編を

ごゆっくり、お楽しみください。