彼方より 届きし 文の まぶしきに

夢の通ひ路 なに思ふらむ


キッチンの 小窓に映える 夕焼けに

染まる夕餉と 君の面影