ここらで一区切り

このサイトは、基本的には、私の外部ブログのまとめとして作りました。

 

そのため、ほとんどの記事は、別サイトの記事と同じものになっています。
主に『月夜の海、朔の森』と『りとる ふぉれすと』から取っていますが

若干違うものもあります。

(猫の写真は、ここだけのものが多いです。)

 

また、過去(アメブロ時代)に書いた小説なども載せていますが

今読み返すと、その頃の自分の限界を感じます。

表現とか書き方の限界ではなくて、認識の限界というか・・・。

 

ヌーソロジーは知っていても、まだ我が事としての捉え方が甘かったり

「アニマンダラ」や「もののケのしおり」を

露ほども知らなかった頃のことですから

いたしかたありません。

 

それでも、そんな中にも、一すじのずっと通ったものはあるなあと

あらためて自分の書いたものを読み直してみました。

 

表面的な部分では、言ってることが今とは違っているところもありますが

そこを単純に「間違い」で片付けてしまうのではなく

掘り下げていく過程で見えてきた(ぶちあたってきた)

その時点での限界として捉えてみれば

(「変化」や「成長」とは違った意味で)

それはそれで感慨深くもあります。

 

先月、『月夜の海、朔の森』のブログ更新を停止しようと思い立ちました。

それについては、拙ブログ『月夜の海、朔の森』の最後の記事に書いた通りです。

それに伴い、こちらのサイトもそろそろ役割を終えて(または変えて)いこうと考えているところです。

 

実を言うと、1年以上前に、既にjimdoでもう一つのサイトを立ち上げていたのですが、まだ中身が整っていなくて、公開には至っていませんでした。

そろそろ、メインをそちらへと移行するよう準備を進めているところです。

 

こちらのサイトは、そのまま残す予定です。

まだ整理したいところもたくさんあるので・・・。

 

 

 

さて、毎年のことですが

この季節・・・秋分あたりは、なにかと一区切りつくことが多い気がします。

また、そんな話も、新しいサイトで語っていけたらと思っています。

 

それでは、今後とも如月の各種サイトを

どうぞよろしくお願いいたします。